<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

草月展

草月展二期が今日から始まりました。
一期とはまた違った世界観が表現されているかな?
私も出展していますので、ぜひご覧ください、
二期は明日までですので、お早めにどうぞ。
d0183226_10471784.jpg

[PR]

by m-showh | 2014-10-31 10:44 | CM

第96回草月展

毎年行われている草月最大のイベント、「草月展」が始まりました。
三期にに分かれて様々な表現方法で繰り広げるいけばな、会場は華やかです。
私は今夜いけこみで、二期の出展になります。
入場料は1000円です。
d0183226_1216521.jpg

[PR]

by m-showh | 2014-10-30 11:11 | CM

有田焼名窯展

有田焼と一言で言っても窯元はたくさんありますが、中でも柿右衛門と今右衛門は特に有名です。
柿右衛門は昔から民間向けに作っていた窯だそう。
今右衛門は藩お抱えの絵師の出身窯、絵付け師は13名と決まっていたとか。
一人入ると一人は出されるという厳しい決まりがあったそうです。
見比べてみると色合いや絵などの違いがよくわかります。
今右衛門は正統派という感じ。
柿右衛門は昔から庶民相手の制作だったこともあってか、ユニークな物もあります。
東海道五十三次の絵柄なども洒落ています。
また、昔の作品には何の為に作られたものなのか?、置き方すらわからないような作品も多くあるそうです。
そういったことを考えるとチャレンジ精神も旺盛だった!
また、それをオモシロイ!と受け入る土壌もあったのでしょうね。
伝統という名だけに囚われず、進化しようとチャレンジしていく精神。
伝統をまもるだけでは長く続けてはいけない、常に前に進んでいこうとする精神は見るものを魅了します。
さて、今回は東海道五十三次の花器にも花を入れてみました。
お時間がありましたら、足を運んでくださいね。
10月28日まで(最終日は16:00まで)
[PR]

by m-showh | 2014-10-25 10:38 | 茶話

有田焼名窯展

いよいよ始まりました「有田焼名窯展 近代柿右衛門 近代今右衛門」
日本人なら誰でも一度は目にしているはずの有田焼。
昔から世界中に影響を与えてきました。
すばらしい作品が並びました。
そこに花を入れるなんて思っても見なかった。
会場の壁には竹を、いくつかの花器には花を入れましたので、お時間のある方は是非足を運んでくださいね。
西武池袋本店6Fアートフォーラム
10月28日(火)(最終日は16:00まで)までです。
[PR]

by m-showh | 2014-10-24 01:28 | CM